スポンサーリンク
雪の日の景色

母の葬儀の日は11月には珍しくかなりの雪が降った。山は白く色づき、交通にも影響が出た。

11月の雪

タクシーで家族葬の小さな会場へ向かう。道路にも雪がうっすらと積もっている。運転手さんは以前に病院に向かう母を乗せたことがあったそうだ。

段取りしたことは概ね予定どおりに進み、ほっとした。スライドやBGMもイメージ通り。仕事のように淡々と進行に気を配っていた。

会場にバッグを忘れたのは、自分で感じていた以上に気持ちがざわついていたからだろうけど…。

「体は魂の入れ物だから早く返さないと」父にそっと呟いた。

雪は夕方まで降り続いた。
母はきっと、入院が長くなったことが気に食わなかったんだろうな。それで雪を降らせて抗議しているんだろうな、とぼんやり考えていた。

ひと息つこう。
手続きのことは少し眠ってからにしよう。
心に浮かんだのは、悲しさよりもそんな気持ちだった。

カレンダー
父は体力の許す限り病院に通い続けた。
朝の病院
母のいた最後の日、病棟から見えた早朝の空。
スポンサーリンク
おすすめの記事