スポンサーリンク
page
夕方の空

また少し間が空いてしまった。
世の中は騒々しく、窮屈な日々が続くけれど、私はそれなりに元気に過ごしている。

実家にやってきた!

今、私は実家で父と過ごしている。
神奈川県の西部、丹沢の麓の静かな街に実家はある。

普段は都内の自宅と実家の間を行き来している。
ところが、緊急事態宣言の発令で県境を越えるような遠距離の移動が難しくなった。

さて、どうしたものか。
選択肢は「ずっと自宅にいる」「ずっと実家にいる」の2つ。

父は80歳で喫煙者。都内からウイルスを持ち込まないか不安だった。
なんとなく喉や気道の調子もおかしいような気がするし…(これは気にしすぎ)。

一方、父を長い期間一人にすることも避けたかった。
テレビで毎日発表される都内の感染者数。深刻さを増す状況。
父は私たちのことを心配している。
このままネガティブな情報にさらされて誰とも話さずに家の中にいたら、精神的に参ってしまわないか。

直前まで迷ったが思い切って後者を選び、実家でしばらく過ごすことにした。

同居人にも予定の調整を付けてもらい、一緒に来てもらった。
今、誰も1人にしたくない。

できる対策は全て取ったうえで人の行き来の少ない日曜日にひっそりと移動。
幸い電車はがらがらだった。

スポンサーリンク

自然の中で気力復活、ひたすら歩き続ける

滞在が長くなりそうなので、自宅のラベンダーも連れてきた。

こちらに来て1か月が過ぎた。
全員、体調良好。むしろ良すぎるくらいだ。

規則正しい生活、地場の肉や魚、野菜を使った食事、新緑の匂い、鳥の声がすぐそばで聞こえる静かな時間。暑くも寒くもない心地よい気候。

父は毎日よく食べる。恐らく我らに釣られていつもより多く食べている。
1か月で1kg太ったという。

一方、私はその倍以上太ったのだが…コロ太り…。

スーパーに行くくらいしか屋外でできることがないので、人のいない道をひたすら歩き、私はすっかり健脚になった。

長期滞在を機にあれをしてこれをして…と計画を立てていたが、日中はウォーキングとちょっとした家事と食事の支度であっという間に時間が過ぎ、夜は22:00に床で寝つぶれてしまう。驚くほど何も進んでいない。

もはや開き直って、清々しい気持ちで毎日を過ごしている。
非常事態に私も疲れていたようで、何かホッとした。
ここは心も体も休まる場所だ。

しかし、我らにも社会活動がある。
自宅に戻れるのは一体いつのことだろう…。

スポンサーリンク

夕方の新しい楽しみ ハイボール

実家に来た頃はまだ肌寒く、マウンテンパーカーを着ていた。
ところが連休前から一気に暑くなり、すっかり半袖の季節になった。

実家の夕食は16:30から始まる。
食べ終わってもまだまだ日没まで時間がある。

初夏の心地よい風に吹かれて飲むハイボールが食後の楽しみになった。
ウイスキー好きの同居人に作ってもらうと一層おいしい。

そして父は、近所のスーパーでジョニ黒を買ってきた。
実家ではドリンク飲み放題。
我らが楽しそうにお酒を飲んでいると、父はいつも喜ぶのだ。

同居人が母のために小さなハイボールを作り、写真の前に供えた。

母はウイスキーが好きだった。
父がジョニ黒を母に買ってあげたら一人でいつの間にか飲んでしまったという。
ハイボールを飲む習慣はなかったが、飲んだらきっと好きになるに違いない。

ジョニ黒でハイボール

「お父さんにもハイボールの世界を教えて」

楽しそうに飲む我らを見て、父が言った。
父はオールシーズン熱燗派だ。

「舌の上にくるシュワッとした刺激とレモンの酸味」

「困ったなぁ、また好きなものが増えてしまった」

「80を過ぎたじいさんがハイボールを覚えたんだもんなぁ」

小さなハイボール

父に新しい習慣が生まれた。

まずは食事をしながら熱燗を1合半。
そのあとグラスにハイボールを少し。

ハイボールを飲む父はいつもよりよく喋る。
ゆったりした夕方の時間を楽しむと記憶の蓋が開くようだ。
シンガポールのことや、お酒にまつわるエピソードなど、いろいろな話を聞かせてくれる。

ハイボールとおつまみ

「『コロナはおいしかったな』でもいいんじゃない?」と父。

まったく不謹慎だが笑ってしまった。

未知の事態に振り回されて混乱の中にある今、そうして逞しく過ごすくらいでちょうどいいのかもしれない。

おまけ:おすすめの「お取り寄せ」

全国のラーメンをそのまま冷凍!「宅麺.com」

高校に入学したのに自粛要請で登校できない甥っ子②。
彼のために同居人が冷凍のラーメンを取り寄せてくれた。
とてもおいしかったようなのでご紹介。

「宅麺.com」はラーメンの通販サイト
店舗で出されているスープと麺・具材をそのまま冷凍したものを自宅で調理する。
商品は店舗で実際に出されているもの。スープを濃縮せずストレートで提供するのが売りの1つだ。

辛いものが好きな甥っ子②に送ったのは担々麺。

独自の理論で作り上げた完全オリジナルな坦坦麺!
坦坦麺好きのための坦坦麺を作りたいという店主が作り出した、完全オリジナルのクリーミーなマイルド坦坦麺。辛さの中に胡麻のコクと旨みが凝縮されているスープに特製極細麺とオリジナルラー油が食欲をそそる。

宅麺.com「山之手虎玄 坦坦麺」

テーブルが華やぐ!かどや牧場「骨付きローストビーフ」

お正月に取り寄せた国産牛の骨付きローストビーフ
ホイルなどで包んでオーブントースターやフライパンで温めて食べる。

低温加熱したロース肉はしっとり柔らかく、ジューシー。
何より、大きな骨から切り分けるのは盛り上がって楽しい。
ホームパーティーにおすすめ。

骨も重量に含まれるので余裕を持って大きめのサイズを。

楽天やYahoo!でときどきセールになっている。
お気に入りに入れてチェック!


来月は自宅に戻れるだろうか…。

この非日常はきっと変化のチャンス。
せめてゆかいに楽しみましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事