スポンサーリンク
page
ランニングウェア

測定値:順調に減っていく

体重・体脂肪率グラフ
体重・体脂肪率グラフ
体重・体脂肪率グラフ
2019年10月1日~12月31日〔ダイエット開始から193日後〕

上記期間中に-2.4kg、ダイエット開始より-4.8kg。

グラフの下降が目に見えるようになった。体重、体脂肪率とも順調に減っている。

スポンサーリンク

ようやく人に会える!

ダイエットの目標、4.5kgは達成できていなかったが、10月から特別なことはせずに普通に生活をした
食べたいときに食べ、運動したいときに運動する
それでも以前のように惰性で食べたり、夜中に間食をしたりすることはほとんどなくなった。

10月は毎年の楽しみである地元の神輿担ぎや大学のイベントがあったが、いずれも楽しく参加することができた。
体重が減ったこともあり、膝の痛みも軽くなった

春先にはスイカのようなお腹をしていた私。
持っている服は入らなかったし、誰にも会いたくなかった。

今は何も気にせずに人に会えるし、好きなファッションを楽しめる。
当たり前のことだが、失ったものを取り戻すことができたのは感慨深いものがある。

そして、目標達成へ

10月も台風の日があり十分に歩けなかったが、痩せるスピードが徐々に加速していくのを感じ始めていた。

そして、11月12日、ダイエット開始から134日目、4か月と12日目に、目標である4.5kg減を達成していた

当初の目標だった3か月より随分遅れてしまったが、「ビールを飲みながら4.5kg痩せる」ことができたのだ。

1か月に1kg。結果として無理のないペースだったのではないだろうか。

その後は運動や食事にストイックになり過ぎないようにゆるやかに過ごしていたが、体重は自然に減っていった。

スポンサーリンク

4か月半を振り返って

私の場合、太ってしまったのは食べ過ぎと運動不足からだったが、ダイエットに関しては、摂取カロリーを減らすより運動とストレスにアプローチしたことが効果的だったように思う。
ストレスを感じると、酒やカロリーの高い食べ物、甘いものやスナックを過剰に摂ってしまうからだ。

自炊をきちんとしていると体重が自然に減ってくる。惣菜などの揚げ物の油や塩分を控えると体が楽だ。
本当はアルコールを控えればもっと体調が良くなるのだろう。

運動する時間がなかなか取れないのは引き続きの課題だ。
実家と自宅の間の移動日もあるので、ウォーキングや運動を十分にできる日は限られている。
梅雨や台風のシーズン、真夏など、外に出られない時期のことも考えなくてはいけない。
私のように通勤をしない生活をしている場合、室内でどれだけ体を動かせるかが体重キープのカギになるのだと思う。

最後は割り切って、1日の運動量にこだわらず、1週間の運動量が十分であれば気にしないことにした。
自分のやりたいこと、仕事や趣味などの時間も確保したいので、1日に何時間も運動する余裕はない。

この記事を書いている今まで、当初考えていたスポーツジムには一度も行っていない。
ウォーキングと軽い筋トレ、4回のスイミングで十分痩せられたということだ。

酒は最初に設定した枠(ビール350mlと焼酎の水割りグラス1杯)を目安にしていたが、惰性で飲んでしまうことがあるので気をつけたい。
健康のことを考えると、本来は酒を飲まない日があった方がいいのだろう。

プーアル茶を飲むのは良い習慣だ。
食事のときに酒とお茶を一緒に飲むと、酒の量も抑えられて一石二鳥。

10~12月の振り返り

体重・体脂肪率グラフ

全期間を通じて体重は順調に減少している。

期間中の1日あたり平均歩数は下記のとおり。

10月:4,997歩
11月:5,802歩
12月:6,966歩

10月に歩数が少なかったのは雨の日が多かったからだろう。

スポンサーリンク
おすすめの記事